スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    GOTH  乙一

    • 2006.06.20 Tuesday
    • 21:06
    GOTH
    GOTH
    乙一, 大岩 ケンヂ

    141 ★★☆☆☆
    【GOTH】 乙一 著  角川書店

    《異常者とは、何かの過去があるのだろうか。それとも生まれついて、…》

    (「MARC」データベースより)
     森野が拾ってきたのは、連続殺人鬼の日記だった。学校の図書館で僕らは、次の土曜日の午後、まだ発見されていない被害者の死体を見物に行くことを決めた…。触れれば切れるようなセンシティヴ・ミステリー。


     乙一さんという作家の本は2冊目だ。よくわからない作家でもある。
     この本にも出て来る異常快楽殺人者のことを「生まれついてそうだった」と書いてある。作家もそれが引っかかると述べています。どうなんでしょうか。

     たとえば猫は殺していけない、だがゴキブリなど簡単に殺します。そこには罪悪感があるのでしょうか。クジラはダメで牛ならばOKだったりで。この本は、人間が誰もが持つ闇の部分に光を当てています。残虐なものは、人間のどこかにそっと沈んでいてふっと浮かび上がってくるものでしょうか。しかし、それが出てくるには、それなりに原因があるのでしょうか。

    ZOO  乙一

    • 2005.01.25 Tuesday
    • 14:50
    ZOO〈1〉
    ZOO〈1〉
    乙一

    【ZOO】 乙一 著  集英社

    《乙一とは、どこからきているのか?》

    あの北上次郎氏が『何なんだこれは。』と書いて
    あり、ヘンな話としながらも誉めているが?
    私には、『何なんだこれは。』はわかるが、その
    ほかはわからない。
    読者は、本を読み勝手にああだ、こうだと言うが
    、いざ逆の立場に立つと書けないのが一般的
    なのだから、あまり文句は言えないと思う。
    読者には、本を選ぶ権利はあるだろうが、作家
    には、読者を選んで書くことはないのだろ。
    それにしても、よくわからない本だったことが
    よくわかった。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    BLOG LIST

    カウンター

    本・読書ブログが一杯

    にほんブログ村 本ブログへ

    emo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    始祖鳥記
    始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
    飯嶋 和一
    読みたい作家がいる。
    読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM