スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    レインツリーの国  有川 浩

    • 2007.02.10 Saturday
    • 23:08
    レインツリーの国
    レインツリーの国
    有川 浩
     07−41 ★★★☆☆
     【レインツリーの国】 有川 浩 著  新潮社

     《メールから始まる恋愛、でも……》

     内容(「BOOK」データベースより)
    きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。あなたを想う。心が揺れる。でも、会うことはできません。ごめんなさい。かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった―。青春恋愛小説に、新スタンダード。


     有川さんの「図書館戦争」がスゴイ評判だが、100ページくらい読んで辞めた。ちょっと合わなかった。そして、この本をトライしてみたが、これはすんなりと読めた。
     この本は、メールから始まる青春恋愛小説だ。こんな恋は、現代的であるが、中味は割りと古風な感じもした。メールのやりとりから、実際に会うようなるがそこからが二人の心がどういうに動くか。ここにちょっとしたことが、いや重大な問題が。その一つには、彼女が身障者だからか、こんなこと、言ってはだめか、読んでない人がいるから。


     この本を読んでいると、私も耳鳴りがひどいからわかるところがいくつかある。静かなところは、耳鳴りを意識するので、どうも落ち着きません。それだから、逆に音がうるさいところがいいかというとこちらもダメです。結局、耳に意識がいってないならば良いわけです。

    海の底  有川 浩

    • 2006.08.11 Friday
    • 23:06
    海の底
    海の底
    有川 浩
      186 ★★★☆☆
     【海の底】有川 浩 著  角川書店
     《スケールが大きいが、少年少女の話か…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    横須賀に巨大甲殻類来襲。食われる市民を救助するため機動隊が横須賀を駆ける。孤立した潜水艦『きりしお』に逃げ込んだ少年少女の運命は!?海の底から来た『奴ら』から、横須賀を守れるか―。


     ブログでときどき見かける名前なので、どんな本だろうか、と思いつつ読んでみた。こういう話は、どんなことで考えつくのか。あとがきに「真面目くさってホラを吹く」と書いてある。でも、なかなか面白かった。潜水艦に逃げ込んだ少年少女たちの心理状況を描いている。そうか、海の底から来た『奴ら』が少年少女たちにメッセージを送って行ったのか。
     逃げ込んだ中に少女がいて、生理のことがリアルに書いてあった。プロフィールをよく見たら有川浩・アリカワヒロさんは、女性の作家であった。納得。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    BLOG LIST

    カウンター

    本・読書ブログが一杯

    にほんブログ村 本ブログへ

    emo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    始祖鳥記
    始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
    飯嶋 和一
    読みたい作家がいる。
    読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM