スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    東京公園  小路 幸也

    • 2007.01.29 Monday
    • 10:16
    東京公園
    東京公園
    小路 幸也
     07−29 ★★★★☆
     【東京公園】 小路 幸也 著  新潮社

     《ファインダー越しに見る、柔らかな恋とは、……》

     内容(「BOOK」データベースより)
    「幼い娘と公園に出かける妻を尾行して、写真を撮ってほしい」―くつろぐ親子の写真を撮ることを趣味にしている大学生の圭司は、ある日偶然出会った男から奇妙な頼み事をされる。バイト感覚で引き受けた圭司だが、いつのまにかファインダーを通して、話したこともない美しい被写体に恋をしている自分に気づく…。すれ違ったり、ぶつかったり、絡まったりしながらも暖かい光を浴びて芽吹く、柔らかな恋の物語。


     この本は、好きだ。
     私が趣味と大袈裟に言えないが、写真だからである。主人公・圭司がカメラマンを目指す大学生なので、題名の公園というより写真の方が合っているのかも知れない、と私は思ってしまった。

     いい写真にはね、
     「ホントの気持ち」が写っちゃうんだよ。
     (帯文より)
     人間はファインダー越しに嘘はつけない。カメラマンが切り取ったその一瞬は、確かにその人の本当の姿を伝えているんだと思っている。 (本文より)

    写真・ファインダーから見られるものは何か。家族というものの本当な姿を見つけ出せるか。公園に出続ける親子をファインダーから何を感じ取るのか。全体に流れる雰囲気が良い本だ。主人公・圭司、姉・咲実、ヒロ、真山、夫・初島、妻・百合香、娘・かりんちゃん、そして富永ちゃんがいい味を出しています。静かに暖かいものが込み上げてくる本だった。

     ここに出てくる映画をほとんど見ているのもポイントが高い。
     <小さな恋のメロディ> <修羅がゆく> <Lost in translation> <ビルリン・天使の詩> <Coffee and cigarettes>
     
     ここに出てくる公園も書いておく。
     <水元公園> <日比谷公園> <砧公園> <洗足池公園> <世田谷公園> <和田掘公園> <行船公園> <井の頭公園>

    東京バンドワゴン  小路 幸也

    • 2007.01.23 Tuesday
    • 22:59
    東京バンドワゴン
    東京バンドワゴン
    小路 幸也
     07−22 ★★★☆☆
     【東京バンドワゴン】 小路 幸也 著  集英社

     《ちょっと以前、心通い合う家族、そんな時代があった》

     内容(「MARC」データベースより)
    下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。ちょっと風変わりな四世代の大家族が、転がりこんでくる事件を解決する。おかしくて、時に切なく優しい、下町情緒あふれる春夏秋冬の物語。


     一番最後のページに「あの頃、たくさんの涙と笑いをお茶の間に届けてくれたテレビドラマへ。」と書いてある。そのとおりで、この本を読んでいると、何かテレビドラマを見ている錯覚になってしまうのだ。この本には、四世代の大家族が登場してくるが、すぐに慣れて覚えてしまう。最初に登場人物の一覧表も付いているが、これを見なくてもわかる。文章というか、進行を語り手が付いているのが有りがたい。この語り手が亡くなったおばあさんが勤めている。テレビドラマ・サザエさんのお母さん、フネさんにダブってくる。何か、語り口が似ていないだろうか。

     この本は、懐かしい香りがする。ちょっと昔、下町の小路、大家族がいて、暖かいさがあり、人情があり、家族にもいろいろなものを持っているが、それをも優しく包むものがあるのだ。それをLOVEって言っているのだ。LOVEが知りたいなら読むといいですよ。

    空を見上げる古い歌を口ずさむ  小路 幸也

    • 2006.09.30 Saturday
    • 16:24
    空を見上げる古い歌を口ずさむ
    空を見上げる古い歌を口ずさむ
    小路 幸也
     241 ★★★☆☆
     【空を見上げる古い歌を口ずさむ】 小路 幸也 著  講談社
     
     《あっちの側、こっちの側いろんな世界があるんだな?》

     内容(「BOOK」データベースより)
    「みんなの顔が“のっぺらぼう”に見えるっていうの。誰が誰なのかもわからなくなったって…」兄さんに、会わなきゃ。二十年前に、兄が言ったんだ。姿を消す前に。「いつかお前の周りで、誰かが“のっぺらぼう”を見るようになったら呼んでほしい」と。第29回メフィスト賞受賞作。


    子供がみんなの顔がのっぺらぼうに見えると言い出した。20年前に兄が言葉を思い出して、兄を呼び寄せて、兄の話を聞くのだが、…。
     パルプの町で起こった、ひと夏の事件とは、…。
     子供たちが体験することとは、…。
     いろんな世界があるんだ、人間社会の中に入りこんだ人たちの規律・ルールがあるのか。不思議な血が流れている家族がどこかにいるような気もしてくる。


    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    BLOG LIST

    カウンター

    本・読書ブログが一杯

    にほんブログ村 本ブログへ

    emo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    始祖鳥記
    始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
    飯嶋 和一
    読みたい作家がいる。
    読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM