スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    指輪をはめたい  伊藤 たかみ

    • 2006.11.20 Monday
    • 20:25
    指輪をはめたい
    指輪をはめたい
    伊藤 たかみ
     293 ★★★☆☆
     【指輪をはめたい】 伊藤 たかみ 著  文藝春秋

     《こういう男性でも、現代では持てるというのだろうか》

     内容(「BOOK」データベースより)
    前の彼女に振られてから、30歳になるまでに結婚して見返してやるのだと誓っていた僕。指輪も買った。誕生日も近い。しかし、転んで頭を打ち、いったい誰にプロポーズしようとしていたのか肝心の記憶だけを失ってしまう。僕の本当の相手は誰?大人になりきれない29歳・オトコの結婚観をチクリと描きだす。


     どうも、この男性は、優柔不断な感じだが、振られた彼女とは同棲していて、他に3人の女性と付き合っている。3人の女性との関わり方も出てくるが、やっぱりマメな性格なんだろうか。途中から出てくるエミ・中学3年生の方が、この主人公の男性よりしっかりしているように感じるのだ。
     スケートをしていて、転んで頭を打って、3人の内の誰にプロポーズしたのか記憶がなく、3人にそれとなく様子を探るのだが、…。
     最後の終わり方も、本当に主人公が大人になりきっていないことを象徴していた。

    八月の路上に捨てる  伊藤 たかみ

    • 2006.11.10 Friday
    • 18:44
    八月の路上に捨てる
    八月の路上に捨てる
    伊藤 たかみ
     282 ★★★☆☆
     【八月の路上に捨てる】 伊藤 たかみ 著  文藝春秋  芥川賞受賞作

     《八月に捨てる男もあれば、拾う女もある…》

     出版社 / 著者からの内容紹介より
    暑い夏の一日。僕は30歳の誕生日を目前に離婚しようとしていた。愛していながらなぜずれてしまったのか。現代の若者の生活を覆う社会のひずみに目を向けながら、その生態を明るく軽やかに描く芥川賞受賞作!他一篇収録。


      綿矢りささんが芥川賞受賞後書いたものが、河出書房新社の「文藝」に出ているというので、書店に見に行った。もっと短篇かと思ったら、かなり長いので眺めるだけにした。その「文藝」の特集が伊藤たかみさんだった。かなりの厚さを占めていて、対談などで伊藤たかみさんを深く掘り下げている。ちょっと、と言っても10分くらい読んでしまった。
     この本を読んで第一番目に感じたことは、伊藤たかみさんの顔付きがそのまま文章に出ているように思った。気どらずに伊藤たかみさんの雰囲気がそのままに。私は、初めて読む作家さんなのでよくわからないが、たぶん他の作品も同じ感覚であるように思えてくるのだ。
     
     トラックに乗って、水城さんと主人公・敦の二人が自販機を廻って補充する仕事をしている。その八月の暑い一日を切り取っている。離婚した水城さんと離婚する主人公・敦との会話と主人公・敦と妻・千恵子との二人のなりそめから結婚生活までの話を書いている。恋愛しているときはふわふわしていたが、結婚するとお互いの意識がガツガツになってくる。結婚とは厄介なものである、相手を認め合ったつもりが空回りばかりになってしまう。そんな心の中が上手く表現されているように感じる。最後に水城さんが再婚する人との食事に行くこと、それが転勤になるのだが、再婚する女と離婚する男とを対比させてまとめている。
     伊藤たかみさんの言葉もところどころにどきーっするものがある。33ページの文を。
     ― 東京で生きていくには、ただ息を吸うだけでも金が要る。
     
     「貝からみる風景」も何気ない若い夫婦の話も良かった。
     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    BLOG LIST

    カウンター

    本・読書ブログが一杯

    にほんブログ村 本ブログへ

    emo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    始祖鳥記
    始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
    飯嶋 和一
    読みたい作家がいる。
    読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM