スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    キャッチャー・イン・ザ・ライ  J.D.サリンジャー

    • 2008.06.30 Monday
    • 08:54
    キャッチャー・イン・ザ・ライ
    キャッチャー・イン・ザ・ライ
    J.D.サリンジャー
    JUGEMテーマ:読書

     08−104 ★★★☆☆
     【キャッチャー・イン・ザ・ライ】 J.D.サリンジャー 村上春樹訳  白水社

     《久しぶりに村上春樹を読んだが、春樹節なのか…》

     Amazon.co.jp
    1951年に『ライ麦畑でつかまえて』で登場してからというもの、ホールデン・コールフィールドは「反抗的な若者」の代名詞となってきた。ホールデン少年の物語は、彼が16歳のときにプレップ・スクールを放校された直後の生活を描き出したものだが、そのスラングに満ちた語り口は今日でも鋭い切れ味をもっており、ゆえにこの小説が今なお禁書リストに名を連ねることにもつながっている。物語は次の一節で語りだされる。
    ――もし君が本当に僕の話を聞きたいんだったら、おそらく君が最初に知りたいのは、僕がどこで生まれただとか、しみったれた幼年時代がどんなものだったかとか、僕が生まれる前に両親はどんな仕事をしていたかなんていう「デビッド・カッパーフィルド」調のやつなんだろうけど、僕はそんなこと話す気になんてなれないんだな。第1、そんなの僕自身退屈なだけだし、第2に、もし僕が両親についてひどく私的なことでも話したとしたら、2人ともそれぞれ2回ずつくらい頭に血を上らせることになってしまうからね――。

    ホールデン少年は、教師をはじめとしてインチキなやつら(いうまでもなくこの両者は互いに相容れないものではない)と遭遇することになるのだが、こうした人物に向けられる風刺がきいた彼の言葉の数々は、10代の若者が誰しも味わう疎外感の本質をしっかりと捉えている。


    東京奇譚集  村上 春樹

    • 2006.08.16 Wednesday
    • 20:34
    東京奇譚集
    東京奇譚集
    村上 春樹
     192 ★★★☆☆
     【東京奇譚集】 村上 春樹 著  新潮社

     《村上春樹は、村上春樹なのだ》

     内容(「BOOK」データベースより)
    五つの最新小説。不思議な、あやしい、ありそうにない話。しかしどこか、あなたの近くで起こっているかもしれない物語。


     「偶然の旅人」
     「ハナレイ・ベイ」
     「どこであれそれが見つかりそうな場所で」
     「日々移動する腎臓のかたちをした石」
     「品川猿」  5編。

     現在、私が読書熱に魘されているのは、村上春樹作品【ねじまき鳥クロニクル】を読んだからだ。今までに無い読書感がなんとも良かったのだ。何なんだろうか、その答えは、わからないが、大量の作家に影響を与えていることは確かなようだ。
     「品川猿」が一番、奇譚であり奇譚でない感じがした。

    おじいさんの思い出  トルーマン カポーティ, 村上 春樹, 山本 容子

    • 2005.08.15 Monday
    • 17:47
    おじいさんの思い出
    おじいさんの思い出
    トルーマン カポーティ, 村上 春樹, 山本 容子


    159 ★★★☆☆
     【おじいさんの思い出】 トルーマン カポーティ 著 村上春樹 訳  山本容子 銅版画   文藝春秋


     村上さんの作品は随分たくさん読んできたのだが、外国作家の翻訳物を読んでいないのだ。村上春樹(翻訳)でも有名である。昨日、買った本にこの本があった。トルーマン カポーティの翻訳物もかなりあるようだ。

     この本は、トルーマン カポーティの初期の作品で少年の心を通じた家族愛の話である。トルーマン カポーティを始めて読むのでどんな作風かわからないが、あとがきに<下線>あの凝りに凝った文章もないし、めくるめく想像力の飛翔もない、きわめてピュアで素直な短篇である、と記されている。

    アフターダーク  村上 春樹

    • 2004.07.27 Tuesday
    • 12:28
    アフターダーク
    アフターダーク
    村上 春樹

    【アフターダーク】 村上 春樹 著

    たまたま新刊が古本屋に出ていたので買った。
    この本が、何か村上春樹らしからぬみたいな
    感じだと話題になっているという。
    読んでみて感覚が違ってきている印象だが
    全体的には春樹ワールドな感じがする。
    都市、現代、若者、闇、何が正常か、異常か?
    電車の往復でいっきに読んでしまう。
    何回も何回も読まないと作者が言いたいことは
    わからないだろう。

    村上ラヂオ  村上 春樹, 大橋 歩

    • 2004.02.06 Friday
    • 01:44
    村上ラヂオ
    村上ラヂオ
    村上 春樹, 大橋 歩

    【村上ラヂオ】 村上 春樹 著

    《春樹ワールド》

    久しぶりに春樹ワールドに浸る。
    大橋歩さんの銅版画が実に良い。
    『女性は、もっと美人に生まれたかったと思う。』
    『男性は、もっとハンサムに生まれたかったとは思わない。』

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    BLOG LIST

    カウンター

    本・読書ブログが一杯

    にほんブログ村 本ブログへ

    emo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    始祖鳥記
    始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
    飯嶋 和一
    読みたい作家がいる。
    読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM