スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    春のオルガン  湯本 香樹実

    • 2006.08.28 Monday
    • 22:46
    春のオルガン
    春のオルガン
    湯本 香樹実
     203 ★★★☆☆
     【春のオルガン】 湯本 香樹実 著  徳間書店

     《12歳のトモミと9歳のテツの不思議な季節の物語》

     内容(「BOOK」データベースより)
    きのう小学校を卒業した。今日から春休み。でもなんだか私の頭はもやもや。隣の家との争いが原因で、家のなかもぎくしゃく。ひょろひょろ頼りないやつだけど、私の仲間は弟のテツだけだ。私たちはいっしょに家の外を歩きはじめた。小さな沼。広い空の下の川原。ガラクタ置場でのら猫にえさをやる不思議なおばさん。そしてある日、私たちはもう家に帰らないで、捨てられた古いバスのなかで暮らそう、と決めた…。十二歳の気持ちと感覚をあざやかにていねいに描き出した、心に残る物語。小学校中・高学年から。


     本当に12歳の少女の気持ちを丁寧に描いている作品だ。
     家庭、家族、隣との争いのことなどで少女の頭の中は……。
     のら猫を世話するおばさんを引き合いに出して、世間・正義を見詰め直すきっかけにしている。良い本だ。

     やわらかく風が吹いて、今日は草のにおいが強い。このにおい。胸を苦しくさせる、春のにおい。同じにおいがするのに、去年と今年では何もかも変わってしまったような気がする。おばあちゃんのこと、おとうさんのこと、おかあさんのこと、勉強のできるいい子だったはずの私のこと。同じにおいがするから、去年と今年が、あんまりちがいすぎるみたいな気がする。来年、同じにおいのなかで、どんなふうに感じるんだろう……。私はひやりとした。おじいちゃんは、あと何度このにおいをかぐんだろうか、そんなことを考えてしまったのだ。おじいちゃんだっていつかは死ぬ。だけど、あと何度なんてそんなこと、前はぜったい考えなかったのに。(本文より)

     

    夏の庭―The Friends  湯本 香樹実

    • 2005.11.05 Saturday
    • 22:28
    夏の庭―The Friends
    夏の庭―The Friends
    湯本 香樹実

    218 ★★★★☆
    【夏の庭 The Friends】 湯本香樹実 著

     幼いとき、5歳から10歳までに、父、お祖父さん、お祖母さんが亡くなった。家の中で一緒に生活した人間であるので、死と言うものが現実感であり続けた。それが、今日まで至る私の人生にどんな影響を与えてきたかは計り知れない。プラスにか、マイナスかは言えないが死と言うものの意識の仕方・考えが常に頭に張り付いている感じがするのだ。

     この本は、六年生になった少年たちが『死』に興味を持ち、一人の老人との交流を通じてひと夏を過ごす物語だ。一人の老人の生き方を接して受けた思いが、少年たちの気持ちが自然と生きる力になるのだ。この夏の経験が少年たちを何倍も大きくしてくれたのだ。荒れた庭が、少年たちの手で植えられたコスモスの花が夏の庭に咲いていた。


    西日の町  湯本 香樹実

    • 2005.06.26 Sunday
    • 11:03
    西日の町
    西日の町
    湯本 香樹実
      

    122 ★★★☆☆
     【西日の町】 湯本香樹実 著  文藝春秋  芥川賞候補作

     母と僕の二人暮らしにふらりとあらわれた(てこじい・祖父)。
     あまり語らない祖父の人生だが、僕は魅かれていくのだが……。

    親族には、いろんな人がいる。
     その生き方が、幼い日にはぼんやりだが輝いて見えるのだ。
     西日をいっぱいに受ける町で感じた思春期における物語だ。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    BLOG LIST

    カウンター

    本・読書ブログが一杯

    にほんブログ村 本ブログへ

    emo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    始祖鳥記
    始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
    飯嶋 和一
    読みたい作家がいる。
    読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM