スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    失われた町  三崎 亜記

    • 2007.03.25 Sunday
    • 20:54
    失われた町
    失われた町
    三崎 亜記
     07−83 ★★★☆☆
     【失われた町】 三崎 亜記 著  集英社  直木賞候補作

     《町の消滅で、人はそのときに……》

     内容(「BOOK」データベースより)
    30年に一度起こる町の「消滅」。忽然と「失われる」住民たち。喪失を抱えて「日常」を生きる残された人々の悲しみ、そして願いとは。大切な誰かを失った者。帰るべき場所を失った者。「消滅」によって人生を狂わされた人々が、運命に導かれるように「失われた町」月ケ瀬に集う。消滅を食い止めることはできるのか?悲しみを乗り越えることはできるのか?時を超えた人と人のつながりを描く、最新長編900枚。


     この作品で直木賞候補作全部読んだことになる。今回は、受賞作はなかったのだが、私自身初めて全作8作品を読んだ。読んでみて思ったことは、それぞれ良かったことだ。甲乙つけ辛い感じだ。本経過の審査を読んで見ると、【空飛ぶタイヤ】とこの作品を推す人が多かったようだ。

     ウーン、こういう作品は、難しい。
     町の消滅のイメージが浮かんで来ないのだ。
     町の消滅であっても、人だ、人の話なのだ。


     「理由も無く失われる命も、この理不尽な世界には存在するんだよ」
     「その瞬間まで為すべき事をして生き続けます。望みは、きっと誰かが繋げてくれると思っています」
     

    バスジャック  三崎 亜記

    • 2006.03.28 Tuesday
    • 19:24
    バスジャック
    バスジャック
    三崎 亜記

    68 ★★★☆☆
    【バスジャック】 三崎亜記 著  集英社

    《奇想炸裂なことが日常にはびこる話だ》


    「二階扉をつけてください」 
    「しあわせな光」
     「二人の記憶」
     「バスジャック」
     「雨降る夜に」
     「動物園」
     「送りの夏」 7編

     気になったので三崎さんの続けて読んでみる。
     奇作か、快作か、不思議な感覚の本である。
     「二階扉をつけてください」「二人の記憶」が良いというか好きだ。

     「二人の記憶」は、二人のズレを描いている。この本を読んでいて、今年見たフランス映画・【ふたりの5つの分かれ路】を思い出していた。子供がいるカップルが離婚手続きから、二人の出逢いまでを描いている。現在から過去に遡るのだ。映画の終わりは、夕日に向かって海に入っていく幸せそうな二人を写している。皮肉な終わり方だ。出逢いから、二人同時なベクトルがあるはずがない、そこにはズレがあるのだ。年を経っていくごとに、そのズレの幅が増大していくのだ。そうすると、取り返しがつかなくなり離婚を迎えるのだ。ズレを二人でどうするかなのだろうが、修正すればよいが修正できなくなってくる。(一般的には、…後は惰性?)
     この本では、記憶のズレを扱っているのだ。

    となり町戦争  三崎 亜記

    • 2006.03.27 Monday
    • 20:25
    となり町戦争
    となり町戦争
    三崎 亜記


    67 ★★★☆☆
    【となり町戦争】 三崎亜記 著  集英社

    《戦争は醜い、しかし戦争・諍いはどこにでも起きている》


     ある日届いた「となり町」との戦争の知らせ。僕は町役場から敵地偵察を任ぜられた。だが音も光も気配も感じられず、戦時下の実感を持てないまま。それでも戦争は着実に進んでいた―。シュールかつ繊細に、「私たち」が本当に戦争を否定できるかを問う衝撃作。第17回小説すばる新人賞受賞作。(Book データーベースより)

     「ぼくはこの戦争で、何一つ選び取ってこなかった。戦争の始まりも、終わりもわからないまま、言われるままにぼくは動いた。戦争はいつのまにか始まってたし、いつのまにか終わってた」(本文より)

     「私たち」が本当に戦争を否定できるかを問う、この意味あいがわからなくもない。いつのまにか、私たちは知らず知らずに組み込まれていく戦争に、それが現実だ。国と国、都市と地方、我が家と隣家、いつかは戦争が始まっていく。イラクの自衛隊派遣など私たちには関係ない、と思ってもれっきとした戦争だ。戦争に加担しているのだ。今や子供はゲームに映画・『ハリーポッター』などに洗脳されている。

     この本は、話題になった本なのでどんな内容なのか興味があった。よくできた本であるが、いま一つインパクトがない気がする。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    BLOG LIST

    カウンター

    本・読書ブログが一杯

    にほんブログ村 本ブログへ

    emo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    始祖鳥記
    始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
    飯嶋 和一
    読みたい作家がいる。
    読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM