スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    真夜中の五分前side-B  本多 孝好

    • 2005.09.12 Monday
    • 15:46
    真夜中の五分前five minutes to tomorrow side-B
    真夜中の五分前five minutes to tomorrow side-B
    本多 孝好

    176 ★★★☆☆
     【真夜中の五分前 sideーB】 本多孝好 著  新潮社


     sideーAから、2年経っている。
    sideーAは、どう言う風に終わっていたのかが、もう思い出せないでいる。双子の彼女が亡くなっている。双子で事故に遭い、ひとりだけ生き残っている。もどかしそうに生きる彼女は誰なのか、双子の感覚はどういうもんだろうか。主人公は、投げやりな人生をどうにか引き戻そうとする感情がわかるのだが……。

     相変わらず、本多さんの本は美しい語り口・独特なリズム感の文章である。それを読むだけでも心地よさを堪能できるのだ。

    MOMENT  本多 孝好

    • 2005.08.09 Tuesday
    • 17:55
    MOMENT
    MOMENT
    本多 孝好


    154 ★★★☆☆
     【MOMENT】 本多孝好 著  集英社

     葬儀屋・森野の世話で病院の清掃員としてバイトで働く僕に、患者が願い事を言ってくる。死が迫った患者の願いを果たすべく、僕は必殺仕事人になるのだ。その患者たちは、人生に何を感じて生きて来たのか、ある時は平和の家庭が一瞬の内に崩れてゆく、ある時は患者の裏切りにあるが、人生って何んだろうか、と感じさせられる作品だ。

    真夜中の五分前 side-A  本多 孝好

    • 2005.06.23 Thursday
    • 12:24
    真夜中の五分前five minutes to tomorrow side-A
    真夜中の五分前five minutes to tomorrow side-A
    本多 孝好
      

    120 ★★★★☆

     【真夜中の五分前 sideーA】 本多孝好 著  新潮社

    《双子は、以心伝心なのだ。》

     実にすんなり読めるのが有り難い本である。

     ネタバレであるが、こんな話だ。(一部分を)
     主人公・彼が双子・一卵性双生児の姉と知り合う。
     妹には、結婚を控えた彼氏がいる。
     四人で会うことになるのだ。
     そこで意外なことを知るのだ。
     姉も妹の彼氏を見たとたんに好意を寄せていたのだ。
     双子・一卵性双生児なら、こんなことは充分に起こり得る話だ。
     姉の妹を殺してでもとの思いが、それほど主人公・彼が見ても立派な男性なのだ。
     主人公・彼は、姉とデートを重ねるのだが……。

     sideーBがどういう話なるのか、早く読みたい心境になるのだ。

     

    FINE DAYS  本多 孝好

    • 2005.04.12 Tuesday
    • 17:56
    FINE DAYS
    FINE DAYS
    本多 孝好

     ★★★☆☆

     【FINE DAYS】 本多孝好 著  祥伝社

      「FINE DAYS」
     「イエズタデイズ」
     「眠りのための暖かな場所」
     「ランプシェード」

     帯分にラブストーリーとあるので読んでみたが、内容は3篇がミステリぽいものだった。
     
     「ランプシェード」は、老婆が語る恋物語であるが、父親が船長の為、船員を目指していた少年が父親が難破に会い亡くなり、母親がガラス職人にする。そして、女性と恋をして、一緒の暮らし始め、いつしか彼女が病気で倒れ、絶対に見てはいけないという小箱を開けてしまうのだが……。
     現代の女性は、前の彼を友達して考えられるが、男性は、前の彼女をなかなか忘れられないと聞くがどうだろうか。
     何人か出会う恋人?だが、忘れ得ぬ人は、たった一人なのか。
     そんな問いかけをしている物語だった。

     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    BLOG LIST

    カウンター

    本・読書ブログが一杯

    にほんブログ村 本ブログへ

    emo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    始祖鳥記
    始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
    飯嶋 和一
    読みたい作家がいる。
    読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM