スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    もしもし、運命の人ですか。  穂村 弘

    • 2008.09.29 Monday
    • 23:41
    もしもし、運命の人ですか。 (ダ・ヴィンチブックス)
    もしもし、運命の人ですか。 (ダ・ヴィンチブックス)
    穂村 弘
    JUGEMテーマ:読書


     08−139 ★★★☆☆
     【もしもし、運命の人ですか】 穂村 弘 著  ダ・ヴィンチブックス

     《いつ読んでも、穂村さんのエッセイ本は楽しいのだ》

     本の紹介より
     間違いない。とうとう出会うことができた。運命の人だ。黙々と働く昼も、ひとりで菓子パンをかじる夜も、考えるのは恋のこと。あのときああ言っていたら…今度はこうしよう…延々とシミュレートし続けた果てに、「私の天使」は現れるのか。


    もうおうちへかえりましょう  穂村 弘

    • 2007.05.29 Tuesday
    • 23:07
    もうおうちへかえりましょう
    もうおうちへかえりましょう
    穂村 弘
     07−148 ★★★☆☆
     【もうおうちへかえりましょう】 穂村 弘 著 小学館

     《さかのぼり嫉妬、…》

     出版社 / 著者からの内容紹介より
    なりたいものは「素敵なひと」、だけど読むのは「月刊連続殺人鬼」。憧れは互いに高めあう恋愛、だけどするのは「さかのぼり嫉妬」。破壊的「ダメ人間」ぶりの告白が話題を呼んだ『世界音痴』に続く、気鋭の歌人穂村弘の第2エッセイ集です。 今回は恋愛や生活をめぐる情けなくも恐ろしいエッセイや、本や読書にまつわるさまざまなエピソードに加えて、バブル崩壊後の「バブル世代」と若者たちの対比、時代精神と表現の関係などをめぐる考察を収録、「史上最もダメな世代」の代表として、自分たちの心情を赤裸々に告白します。高度成長期に生まれてバブル時代に青春を送った「甘やかされゼネレーション」の中年たちは、このデフレ時代をどう生きるのか?

    内容(「MARC」データベースより)
    正義の味方はもういない。金利はまったくゼロに近い。高度成長期に育ち、バブル期に青春を過ごした41歳独身歌人は、デフレとスタバとケータイに囲まれて、ぼろぼろの21世紀を生きている…。第2エッセイ集。


     うーん、やっぱり穂村さんのエッセイは面白い。
     短歌も載っているぞー、…。

     ねむりながら笑うおまえの好物は天使のちんこみたいなマカロニ  穂村弘

    現実入門  穂村 弘

    • 2007.02.24 Saturday
    • 23:26
    現実入門
    現実入門
    穂村 弘
     07−54 ★★★☆☆
     【現実入門】 穂村 弘 著  光文社

     《読んで、ニコッ、読んで、ニコッ、読んで、ニッコリなる》

     出版社/著者からの内容紹介より
    このまま一生何もせずに終えることはできない――。
    「現実」を怖れ、逃げ続けてきた男が、42歳にして初めて挑む。
    やるぞ、献血、合コン、部屋探し、そして遂にプロポーズ!


     穂村さんのエッセイ本は、3冊目です。
     【本当はちがうんだ日記】がワクワクして、なんだこりゃみたいな感じで面白かったので、今回は、ちょっと大人しめに写りましたが、それでも面白いです。
     光文社・編集者・女性・サクマさんと行く初体験の企画物です。いろんなものを体験するのです。そこで現実に触れるのです、そこで感じるものとのギャップに笑えるのです。でも、よく考えたら、私もほとんど体験していないので、本当は笑ってはいけませんけど。
     最後の章では、穂村さんが嫁さんになる人の両親に『娘さんと結婚させてください』というのまで出ています。これはリアルですよ。
     やっぱり、エッセイの天才かも。
     

    世界音痴  穂村 弘

    • 2006.02.24 Friday
    • 14:31
    世界音痴
    世界音痴
    穂村 弘


    43 ★★★☆☆
    【世界音痴】 穂村弘 著 小学館

    《穂村さんのエッセイに自分が重なる切なさ、おかしさ》

     穂村さんの本は、2冊目。読むたび面白い、ページを捲るのがもどかしくなるほどおかしいエッセイの数々満載。
     自分と重なるエッセイ。
     「ビタミン小僧」 ビタミンC、ビタミンE、マルチカロチン、カルシウムマグ、DHA、EPA、コレステサポート、気分爽快サポート、ポロポリスを買う、とある。 私、マルチビタミン、マルチミネラル、DHA、ビール酵母、乳酸菌、コエンザイムQ10、コンドロイチン硫酸、クロレラ、野菜粒、緑黄色カロチンを飲んでいる。
     「あんパン」 通勤途中、秋葉原駅であんパンを買う。エスカレータで食べちゃう。こしあんが好みとある。 私、駅降りて西友に入る。あんパン5個入りが眼に入る。今日は買うのを止めようと思うのだが、レジのかごにはいつの間にか入っているのだ。

     エッセイの章の終わりに短歌が載っている。私がうけた1首を。
    「美」が虫にみえるのことをユミちゃんとミナコの前でいってはだめね

              

    本当はちがうんだ日記  穂村 弘

    • 2006.01.20 Friday
    • 17:46
    本当はちがうんだ日記
    本当はちがうんだ日記
    穂村 弘

    20 ★★★☆☆
    【本当はちがうんだ日記】 穂村弘 著  集英社

    《「今はまだ人生のリハーサルだ。」私の本番はいつからなんだと叫んでみるのだ。》


     この本は、随分いろんなところで見かけて、面白いと言われているようなので読んでみた。うーん、確かに面白い。歌人と言うからには有名な人なのか、沢山の本も出ている。
     
     「明日へのうさぎ跳び」が何だか、私のことのように思えて懐かしい。私も中学時代は、卓球部に入った。何故、卓球部に入ったのか覚えていないが、野球とかだと練習も厳しくレギュラーにもなれない。卓球ならばと思ったのだろうか、ところが入ったら大変な部であった。体育館で練習をやる訳であるが、館内ではバスケットボール、剣道などが練習している。1年生は上級生が打ち合っている後ろで玉拾いである。どうしても、目が他の部の練習に向いてしまうのだ。それを見透かしているようにピンポン玉が飛んでくる。そのシゴキが体育館横(50m)を10回のウサギ跳びが待っているのだ。ウサギ跳びなど可愛い言い方だが、これが相当にキツイのである。ぴょん、ぴょんか、ただただ懐かしい。

      ひとつ、ひとつの日記・章を読むたびにウーン、ウムウム、ニイャー、ニャニャしている。

     『「ね」の未来』には、この作家の鋭い視線とユーモアの両方を見た。
     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    BLOG LIST

    カウンター

    本・読書ブログが一杯

    にほんブログ村 本ブログへ

    emo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    始祖鳥記
    始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
    飯嶋 和一
    読みたい作家がいる。
    読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM