スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    シリウスの道  藤原 伊織

    • 2005.12.12 Monday
    • 00:45
    シリウスの道
    シリウスの道
    藤原 伊織

    244 ★★★☆☆
    【シリウスの道】 藤原伊織 著  文藝春秋

     この本の話は、広告業界である。ネット証券の広告のプレゼンで業者を決めることが出てくる。このところみずほ証券のことが話題になっている。61万円で1株売りを1円で61万株売りとしことから大変なことになってしまったのだ。これをミノガサナイ、外資証券は45億ほど利益を上げていたり、個人投資家も1000万も稼いでいる人もいる。。今日は、東証にもシステムの不具合も出てきている。コンピュータにもまだまだ安全装置?が必要なのか。 
     株式の世界もこのところ活況である。ダウも12日終値15,738ーとなっている。異常な値上がりだ。お金の行き場が設備投資などでなく株式投資に向いてきているのだ。私の塩漬けになっていた株もようやく明かりが見えてきた。何か複雑な気持ちでもあるのだ。

     この本は、広告業界の内部と25年前の「秘密」とを巧く書きこんである。
     最後の終わり方が物足りないものの読みやすく、テンポ良い本だった。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    BLOG LIST

    カウンター

    本・読書ブログが一杯

    にほんブログ村 本ブログへ

    emo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    始祖鳥記
    始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
    飯嶋 和一
    読みたい作家がいる。
    読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM