スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    いい女  藤本 ひとみ

    • 2006.03.04 Saturday
    • 19:54
    いい女
    いい女
    藤本 ひとみ

    50 ★★★☆☆
    【いい女】 藤本ひとみ 著  中央公論新社

    《美しい女、いい女ってどんな女性だろうか》

     藤本さんの【離婚まで】を以前読んだが、何だか似てる感じだ。駄目亭主が全く同じか?自立する決心に至るまでが。

     「美しくあろうとすることは、そもそも不自然なことなの。自然のいろいろな生物には、それなりの役割があって、種を保存し、寿命がきたら死んでいくでしょう。人間も同じ。自然に任せておいたら、年とともに衰えていくしかないわ。風格は出てくるかもしれないけれど、それは美しさとは違うものよ。いつまでも美しくあろうと思えば思うほど、年をとらないようにしなければならない。つもり自然を拒否しなければならないの。自然のものを使っいたら、害はないかもしれないけれど、自然のままに老いていくわ。それを拒否して不自然なことをしようというのだから、危険があって当然でしょう。美しさを保つって、甘い考え方ではできないことよ。下手をすれば、命を短くすることもありうるんですもの。厳しい生き方よ。それに挑戦し、成功した人間だけが本当に美しくなれるの。私は、それをしてここまできたのよ」(本文より)

     主人公45歳・詩織は、自然派志向で化粧もあまりしないできたが、同窓会であったエステで成功している蜜子の言葉である。主婦が自立していくと言うことは、自然に逆らっていくことなるのかもしれない。  

    離婚まで  藤本 ひとみ

    • 2003.09.03 Wednesday
    • 23:37
    離婚まで
    離婚まで
    藤本 ひとみ

    【離婚まで】 藤本ひとみ 著

    《結婚とは? 》

    この結婚が本当なのか、問いただしていく話(自問自答)である。自叙伝的と帯にうたってあるので現実感がある。同窓会に帰郷して、初恋のひとに会い、離婚を決意するまでの話である。結婚は単に母親との確執のためか、家族のいない距離にいたかったためか、なんで無気力な男を選んだのか、なぜその男の両親に尽くさなければならないのか、いままでの結婚生活がどうだったのか?何十年ぶりの帰郷に合せて考えるのである。
     夫の幼稚さが出ている部分を紹介してみる。
    『 加奈子は、トマトやオレンジを四つに切る。家族は四人であるから、一人一切れになるのは、あたりまえである。ところが夫が先に、自分のほしいだけ取ってしまうのだった。他の料理に関しても同様である。加奈子にしてみれば、育ち盛りの娘にこそ、豊富にたべさせたい。ところが娘たちが食卓に向かう時は、すでに夫が食べ荒した後なのだった。
     買い置きをしておいた苺パックを冷蔵庫から出してみると、かなり傷んでいたことがあった。満足に食べられそうなものを選んで洗い、数えたら、六粒しかなかった。加奈子は、子供たちが二つ,大人が一つずつ食べればよいと思った。あるいは、夫に二つやってもよい。ところが娘たちがやって来た時には、すでに二粒しか残っていなかった。下の娘がうらめしそうに言った。
     「私、いらない。だって私が食べたら、ママの分がなくなっちゃうもん」
     上の娘は、すでに食事を終えてテレビの前に移動していた父親をにらんだ。
     「パパが食べちゃったんでしょ」
     夫は不服そうな顔でふり返った。
     「四つしか、食べてない」
     もっと食べたいところを遠慮したと言いたかったのであろう。家族全体のことに考えがおよばない夫は、確かに我慢をしたのである。全部食べたかったのに、四つで我慢をしたのだった。
     (本文より)

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    BLOG LIST

    カウンター

    本・読書ブログが一杯

    にほんブログ村 本ブログへ

    emo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    始祖鳥記
    始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
    飯嶋 和一
    読みたい作家がいる。
    読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM