スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    しゃばけ  畠中 恵

    • 2005.10.19 Wednesday
    • 21:54
    しゃばけ
    しゃばけ
    畠中 恵


    204 ★★★☆☆
    【しゃばけ】 畠中恵 著  新潮社  日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作

     『このオレ・妖怪に何か、ようかい!』
     付喪神……器物に百年の時を経ってなる妖怪(器物に魂が宿るのでむやみに捨ててはならない……すすはらいで魂を鎮める)
     鈴彦姫……鈴が化してアヤシ妖と成ったもの

     犬神……
     白沢……
     墨壺……墨壺が付喪神になる
     屏風のぞき……
     見越しの入道…… 
     皮衣……
     荼枳尼天様……

     まだまだ妖怪が出てくるのだろう。妖怪をインターネットで検索するといるわ、いるわ一杯出ている。絵と解説、これは面白い、面白い、ちゃんとした謂れがあるのだ。妖怪は、水木しげる先生の鬼太郎シリーズに出てくるものぐらいしか知らなかったからなおさらだ。

     長崎屋の一人息子・一太郎は、生まれながらの病弱である。そこへ妖怪二人の手代を祖父がつかわしたのだ。
     大工殺しに一太郎が遭遇し、事件の謎解きにはしるのだが……。

     付喪神を知っただけでも、この本を読んで良かった。


    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    BLOG LIST

    カウンター

    本・読書ブログが一杯

    にほんブログ村 本ブログへ

    emo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    始祖鳥記
    始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
    飯嶋 和一
    読みたい作家がいる。
    読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM